• 損傷個所を中心に、損傷全体がつかめるように撮影してください。
  • 変形の程度・範囲がわかるように撮影してください。
  • 僅かな凹みの場合は、損傷面に平行な方向(スカシ方向)からの撮影等行ってください。
※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。